忍者ブログ
なんとなくではなく、進み方を考えて
[9]  [8]  [7]  [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

理論的に話すなら

なおさら

その話は

何かに沿っていなければならない

そう

よりどころというか、何かの裏付けてきなものがあって

はじめて

信頼を勝ち得ることができるというものだ。

戦略は第一次世界大戦、第二次世界大戦という総力戦や米ソ冷戦を経て新しい発展を見せた。中国で人民解放戦争を指導した毛沢東は日本軍に対して地方農民を教化し、大規模なゲリラ戦を戦い、独自の戦略思想を確立した。このような思想は後にザップ、カストロ、ゲバラなども用いて成功している。また第一次世界大戦に将校として従軍して軍事評論家となったリデル・ハートは間接アプローチ戦略を理論化して直接的な武力衝突ではない新しい間接的な手法によって勝利すべきだと論じた。 冷戦期においては核兵器という大量破壊兵器の出現により、抑止を主概念とした核抑止戦略が構築された。この核抑止戦略は軍事目的をはるかに超える破壊力を持つ核兵器を軍事戦略で位置づけるために構築された戦略理論であり、ブローディに代表される「核兵器は兵器に相応しくなく、あくまで抑止のために使用する」という考え方と、ボーデンに代表される「核兵器は兵器であり、拒否のために使用する」考え方、さらにウォルステッターに代表される「核兵器は兵器であるが威力が絶大であるため、段階的・限定的に使用する」という考え方に大別される。
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]